読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美女と野獣について語るときに私の語ること

ほとんど美女と野獣、たまにディズニー全般

ベル、男子に頼らない現代女子説

高飛車子です。

今回はベルは結構ディズニーの中でもレアキャラなんだよって話をしようと思います。

 

★ディズニーのヒロイン、最初からプリンセス説

所謂ディズニープリンセスって、

「王子さまと紆余曲折あって結婚できた〜♡ハッピー♡プリンセスになっちゃった♡♡」

ってイメージありませんか。

 

うるせえ!!!!最初からプリンセスなんですよ!!!!あいつらはよお!!!!!

 

ディズニーアニメに出てくるヒロインで「王の娘ではない、マジモンの一般人」は、実は3人しかいません。シンデレラ・ベル・『プリンセスと魔法のキス』のヒロイン・ティアナだけなんですよ。(※たぶんここにモアナも入る)

 

しかもベルだけ、目の前にいるのが相手が王子だとわかってないんですよ。シンデレラは「国中の娘ば集めて舞踏会ね!?行くしかなかよ!!!」と鳥やネズミにドレスを作ってもらいます(そしてできたドレスは秒速で継姉にちぎられる鬼畜展開)。

さらに影の薄いプリンセス・ティアナは「キスしたらあんたの夢叶えてやるばい、だって俺王子やけんね?ばり金持っとるよ?」というクソクソなカエル王子にそそのかされてキスしてしまう(そして自分もカエルになっちゃう)夢も希望もない展開です。一般人枠の2人も玉の輿狙ってたのかこの野郎!!!!!

 

結論:ベルは相手が王子とは知らずに野獣を好きになった!えらい!!!

 

★そもそもベル、結婚に興味ない説

ベルは誰かと結婚したいという願望をそもそも表示してないんですよ。実際村一番のイケメンマッチョにドッキリプロポーズされたけど断るしマジギレします。それ以外のヒロインはみんな出会いが欲しい!恋したい!両思いになりたい!結婚したい!系の話が必ずでるはずなんですよ。 

結婚とかしねえしwwwって言っているのは先ほども登場したティアナも同じ。しかし金貰うためにキスしたあたりはベルとはまた違うかなということでノーカウントです。ベルってすごい!!

※『プリンセスと魔法のキス』ですが、ほんと東京カレンダーとか読んでる自称港区女子に勧めたいストーリーです。ロースペのヒロインが努力を重ね夢のために貯金する一方、ハイスペの友人は王子と結婚するためにパーティーを開いてウハウハする話です(合ってるけど違う)

 

ベルが登場するまではヒロイン、王子と出会う→結婚!はい幸せ!!!展開が定番パターンだったのが、ベルからそうじゃなくなったのです。特に2000年過ぎた頃からのヒロインムービーの改革っぷりがすごい。ムーラン戦っちゃうし、ティアナは貧乏人で貯蓄マンだし、ラプンツェルもフリンを最初から利用しまくるし、アナとエルサに至ってはもはやテーマが「姉妹愛」で結婚すらしない。女の子が男の人と結婚しなくてもフツーに生きてるわい💪な社会なんだよって暗にアピールしてるのかな…とも思います。

 

ディズニーアニメは作られた時代背景を如実に反映している部分があり、特にウォルトディズニーが生きていた時の作品は差別表現があるとして日本では未だにDVDにもなってないものもあります。ぜひレンタルビデオ店に行くときは、ディズニーアニメのコーナーも見てみてください☺️