美女と野獣について語るときに私の語ること

ほとんど美女と野獣、たまにディズニー全般

実写版キャスティングのよさみが尊い

高飛車子です。

木曜日に機種変更したばかりなのに、「た」と打ったら"高飛車子"がすぐ予測変換で出てきました。垢バレが怖い。

 

今回は実写版キャスティングについて語ろうと思います。

 

私はディズニーに限らず、小説・マンガやアニメなどの「実写化」は基本見ません。あ、ハリーポッターは見たな。

なぜかってね、夢を壊すんですよあれは。全てのファンを裏切らないキャスティングって不可能だと思うとですよ。「やめてくれーーー!」みたいな。

だから『マレフィセント』も見てなかった。帰省したら父親

「おい、マレフィセント撮っといたけんはよ見たら消して」と。

 

 

 

頼んでないぞ!!!!

 

 

 

と心の中で叫びましたが、父親が年頃のふらふらした娘のためを思って…と思うと泣けてくるので見ました。

結論:マレフィセントやべえ

 

結末を含め、ちょっと元のストーリーとは違うけど原作厨もわりと納得の展開。アンジー美しすぎるしオーロラ可愛すぎるし。「やっぱディズニーすげえよ」と思っていました。

 

そしたらばさ、『美女と野獣』の実写化決定のニュース。

 

 

 

まあ死ぬよね。

 

 

 

 

ベル役がエマ・ワトソンと聞いて

「あーーーーーなるほどね」と思いました。

 

ベルは読書好きで聡明・教養のある好奇心旺盛な女性という設定。一応16歳(!)という現実とかけ離れたJKです。エマはハリーポッターハーマイオニーという「勉強家で成績トップ、ちょっとおしゃまなところもあるけどなんか憎めない」という役でした。その後のエマは女優業の傍らブラウン大に入学、UN WOMEN大使としても活躍しているのは記憶に新しいです。

 

前回の記事で『ベルはディズニーの中では珍しい、男に頼るというアイデアがそもそもない・結婚に興味がない女性』として取り上げましたが、エマ自身も知識人であり自立して生きていく女性のロールモデルなのかなと思う。いわば新しいプリンセス観ですよね…

 

その後も続々とキャストが発表。毛むくじゃらすぎて「なんやこれ…全然誰かわからんやん…ていうかツノが羊やん…」な野獣はものすごくイケメンすぎるダン・スティーブンス。アニメでは野獣の青い瞳が鍵となる箇所がいくつか表現されているので、ダンの顔写真を見た瞬間

「すっごく青くて綺麗な瞳!!!!!」と興奮しました。王子に戻ったらどんな感じになるのかなーー!!!!楽しみ。

 

自分大好きイケメンゴリマッチョのガストンはルーク・エヴァンズ、そのガストンの腰巾着ル・フウはジョシュ・ギャッド。

ルークは「あっこのひとガストンやん」と納得の顔。ごりごりのイケメン。これは村一番のイケメンだわ。アニメのガストンは最初こそコミカルですが、ベルが醜い野獣に対し、自分には抱いてくれない愛情を感じているのを見て態度が豹変、マジの悪役になるところが本当に怖い。あのイケメンがどう豹変するのか?楽しみである。

ジョシュもルークと同じく、「ルフウみたいな、人この世におるんや…」と感じる。昨日知りましたが、ジョシュは『アナと雪の女王』にでてきた雪だるま・オラフの声をやってたんですって。全く知らんかったばい。アニメのルフウはまじで現実にもいそうなゴマスリマンだけども、実写版のルフウはどうやらゲイという設定の噂…どんなことになるんだろうか?

 

インタビュー等でよく出てくるのはこの4人ですが、ジョシュだけアメリカ生まれで残りの3人はUK出身。撮影もイングランドで撮ったみたいなので、britishな世界観も期待できます。ちなみにジョシュがインタビュー中突然、"イギリス英語"で喋り始めて他の3人が「えっ…あんたアメリカやろ…」てドン引きしている動画があるよ。探してみてね!

 

 

その他のキャスティングもめちゃくちゃ豪華なんですが、映画に詳しい方に聞いた方が早いと思うので今回はこのへんで。はあー尊い